日本は破綻しない、のか?

日本は破綻しないと喧伝する人たち

日本は財政破綻しません!このように喧伝する人たちがいます。

その人たちに言わせると、日本の国債の引き受け手の殆どは日本国民だから大丈夫なのだと言います。最悪、日本が債務不履行になりそうになれば、輪転機を回して、お金を刷りまくれば万事問題が解決するそうです。
話はそんなに単純なのでしょうか?

「日本」ってなに?

この話のミソは「日本」という用語が何を指しているかにあると思います。

「日本政府」は国債を発行して資金調達しています。国債の買い手は、巡り巡って確かに「日本国民」でしょう。もし、「日本政府」が財政破綻してお金を返せない事態になったとしても、「日本銀行」がお金を刷りまくれば借金の返済ができるかもしれません。

ですが、結局、それって徳政令と言うのではないですかね?今だったら 1万円もあれば、吉野家にでも行けば、たらふく飯が食えます。というか、1人では食べきれません。ところが、現時点で「日本政府」に貸し付けている 1 万円を返してもらった時に、吉野家の牛丼が一杯 1 万円になっていたら意味ないですよね?無茶な貨幣流通をしてしまえば、当然ながらインフレになります。こういう事態が起きても不思議ではないわけです。

確かに「日本政府」は破綻しないかもしれない。ですが、その時には「日本国民」は破綻するのではないですかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする