日本の財政破綻はどこから始まるか?

日本の財政破綻の話

日本(政府)には 1,000 兆円にのぼる債務があると言われています。ちょっと桁が違いますよね。数年前、恐らく日本の最強企業=トヨタの営業利益が 1 兆円を超えたという話がありました。その話を聞いた時、私は「すげー」と思ったものです。すると、日本(政府)にはそのトヨタ最盛期の営業利益 1,000 年分の借金がある… やはり、これは途方もない数字です。

また、GDP 対政府債務という指標で見れば、日本は 200% を超える水準になっています。これは先進諸国の中でも断トツに大きな数字です。以前、このブログでも数字を調べてみたことがありますが、年々増え続ける政府債務に背筋が凍る思いがします。その時のグラフを再掲しておきましょう。

BL201206-11-02.png

ただ、この指標は政府債務のヤバさを測る上で適切な数字なのかな、という疑問もあります。財務分析の世界では、インタレスト・カバレッジ・レシオという指標があります。大ざっぱに言うと、インタレスト・カバレッジ・レシオというのは利払い金額と利益額の比率です。金利の支払いが獲得した収益で賄い切れているかどうかを見るために使います。この指標が参照される背景には、「利払いさえできていれば何とかなるんだよ」という発想があるわけです。国家財政を見る時も、このような指標でみた方がいいのかなと思わなくもありません。

いずれにせよ、このような日本の政府債務の大きさが人々の話のネタになっているわけです。そして、この 1,000 兆円にのぼる政府債務の問題を前にして、日本の財政破綻の話がよく取り沙汰されます。とは言え、論者によってこの問題に対する答がまちまちなんですね。「日本は絶対に財政破綻する」と力説する人もいます。その一方で、「日本が財政破綻なんてするわけないんだ!」と反論する人もいます。

私なんかは「で、結局、どっちやねん?」と思ってしまいますが、論者の意見が真っ向から対立しているので判断しようがないのです。ここでは、手持ちの道具を使って、自分なりにこの問題について考えてみたいと思います。

国債という借金の使い途

複式簿記の基本中の基本ですが、貸借一致の原則というものがあります。これは、財務諸表の借方に記入した数字と貸方に記入した数字は必ず一致するという原則です。例外はありません。「必ず」一致します。恒等関係にあるのです。

貸借対照表(バランスシート)の場合も同様に必ず借方と貸方の合計金額は一致します。貸借対照表(バランスシート)の貸方金額合計、つまり資金の調達源泉の合計というのは、国家財政の場合であれば国債に相当するものでしょう。この貸方の金額は、必ず借方、つまり資産の合計金額と一致します。平たく言えば、国債が 1,000 兆円あるとすれば、それに相当するだけの資産があるのでしょう?という話です。

国債 1,000 兆円分の一部は国内の資産に回っているはずです。それは土地であったり、所謂ハコモノですね。日本全国津々浦々の固定資産に国債の一部は化けているのでしょう。費用対効果がどれだけ勘案されて投資されたのかは分かりませんが、とにもかくにも作ってしまったものは仕方がありません。長い時間をかけて償却するしか方法がないのかなと割り切らざるを得ない。

むしろ、私が気になるのは国内の資産ではなく海外の資産です。国債の一部は海外の資産購入に充てられているはずです。しかも、昨今のヤバい状況の海外金融資産などに化けている… こちらの方が私は恐ろしいです。

海外資産は大丈夫?

日本はアメリカの国債をしこたま買い込んでいます。現時点では中国が世界で一番アメリカの国債を買っています。1位の座を譲ったとは言え、未だに日本は堂々2位のアメリカ国債購入国です。その額は 1 兆ドルを下りません。以前、このブログでも日本と中国のアメリカ国債保有額を調べたことがありますので、その時のグラフを再掲しておきます。青線が中国、赤線が日本です。

BL201206-10-01.png

こんな状況で、2011 年の夏ごろにアメリカ国債のデフォルト騒ぎがあったわけです。怖くないですか?アメリカ国債が紙くずになってしまえば、日本のバランスシートも大きく痛むことになります。「金返せ!」と言っても返してくれるような相手ではないので、残念ながら不良債権の減損処理でもしないと仕方がありません。そうすると … 誰がとばっちりを受けるかはお分かりですね。日本の国債を買っている人=日本の国民です。

また、前途が多難な欧州にだって日本はかなりのお金を貸し付けているはずです。欧州への貸付金額がどの程度なのかは別の機会に調べてみたいと思いますが、欧州周りの債権が焦げ付いてくると、連鎖的に日本の資産価値が毀損されていきます。

日本が財政破綻するのかどうか、決定的なことは私には分かりません。ですが、もしも破綻する可能性があるとすれば、海外の金融資産が焦げ付いてくることで連鎖的に日本の財政がピンチを迎えるというシナリオは十分に考えられるのではないかと私は思うのです。