プレミアムフライデーの裏側にあるもの

金曜日は早く帰れ

突然降って湧いたような話を耳にしました。

「プレミアムフライデー」来年2月から
経産省と経済界「月末金曜、仕事は午後3時まで」:日本経済新聞

記事の中を読むと、プレミアムフライデーというのはこういうことのようです。

経済産業省と経団連や小売りなどの業界団体は個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日を「プレミアムフライデー」とする取り組みを来年2月24日から始める。企業が従業員に対して午後3時には仕事を終えるよう呼びかけ、長時間労働の是正など働き方改革にもつなげる考えだ。(日本経済新聞)

要は、金曜日は早く帰って消費しろ、と。

何が気になるか?

この話、私にとっては寝耳に水状態なのでよく分かっていない点もありますが、何点か気になる点があります。

  • なぜ経済産業省と経団連なのか
  • なぜ労働時間を短縮すれば消費が増えるのか
  • 誰が増えた需要を引き受けるのか

このあたりが私にはよくわかりません。

なぜ経済産業省と経団連なのか

経済産業省と経団連がこのような政策を推進するメリットは何なんでしょうか?本気でこういう制度を推進すれば消費が拡大すると考えているのでしょうか。

厚生労働省がこういうことを言い始めた、ということならば、ブラック企業叩きの一環なのだろうなと想像できるのですが、経済産業省主導という点が私には少し解せません。

なぜ労働時間を短縮すれば消費が増えるのか

今の日本で消費が低迷しているのは、時間が足りないからというよりも、そもそもお金がないからじゃないかと私は思うのです。お財布の中にお金が入っていないのにどうやって使えというのでしょうか。

労働時間を短縮するということは、結局、人々のお財布に入ってくるお金が減る可能性もあるわけです。そうすると、あれ?消費したくても消費できなくなりますね。

誰が増えた需要を引き受けるのか

仮に思惑通り金曜日の夕方から人々がお金を使うようになったとします。それって結局需要増なわけですが、その増加した需要を誰が引き取るのでしょうか?供給量が目減りするわけですからうまくバランスしないような気がするのですね。

記事を読む限り、消費刺激という側面だけが取り上げられていますが、供給側がどうなるのかを考えることも大切でしょう。

プレミアムフライデーの裏側にあるもの

プレミアムフライデーで消費拡大。こういう話は物事の一面を言っているだけであって、その裏側にあるものを考えておかないといけないのではないでしょうか。

以前、このブログでこんな記事を書きました。ブラック企業を叩くのもいいけど、その先にあるのは移民とかロボットとか生産性向上とかそういう話で茨の道が待っているよ、って記事です。

今後、日本の中では移民、ロボット、生産性向上、といったキーワードの議論が活発になるはずです。このプレミアムフライデーという話の裏側にはこういったキーワードがワンセットになっているのではないかなぁと私なんかは想像しています。

こっちが本丸であって、プレミアムフライデーの話は単なる布石なんじゃないかな。